GALLERIANT(ガレリアント)のカプラは色っぽい大人の男を感じさせる

  • 2014-6-27
GALLERIANT(ガレリアント)のカプラ

ガレリアントのカプラ 2wayショルダーボストン

(GALLERIANT)ガレリアント カプラ 全カラー

一度目にしたら忘れることのできない芸術的な色っぽいフォルム!!

ボストンバッグは数々あれど、このガレリアントのカプラはシャレた大人の男にこそ持ってもらいたいバッグです。

ガレリアント・・・どことなくスペイン語の響きですね。

“GALLERIANT”(ガレリアント)とは、スペイン語の”GALLERIA”(美術館の意)の造語で、ガレリアントのコンセプトは「クラシックモダン」。

このバッグにふさわしい名前だと思いませんか。

 

大人のカジュアルアイテムモデルですが2、3泊の出張にも良さそうです。
GALLERIANT(ガレリアント)はいくつかのラインナップがあるのですが、このCAPRA(カプラ)のデザインはイチオシです!

本体にはクロームなめしを施したゴート革(山羊革)を使用しているので、ソフトで柔軟性のある特性をいかして迫力あるシルエットを演出しています。

「通常のボストンバッグだと、普段もつには1WAYなので・・・」と抵抗を感じる人でも大丈夫。

2wayのショルダーボストンなんです。

ガレリアントカプラのショルダーボストンバッグ

バッグの開口部4点からの吊り込むデザインになっているので、肩に掛けた際に重量負荷の分散ができるようです。また持ち手の台革部分・本体の角部分等GALLERIANTオリジナルの肉盛手法でが施されこのバッグの個性を引き立たせます。

 

【GALLERIANT(ガレリアント)の公式サイト】

肉盛部分の内部には、床革を重ね、土台をしっかりと固定し、きれいなフォルムが出る様、丁寧な仕上げを施しました。その為、強い衝撃を受けた際には、衝撃を分散させるクッション効果と、重量感あるデザインを融合した、大変手間のかかる仕上げを施しております。
ゴード革特有の柔軟さ・丈夫さを生かしながらも、バッグ全体の独特のくずれ感・堅牢性を想定し、剛柔によるバランスの計算されたモード感を兼ね備えた作りとなっております。
肉盛部分に用いている表素材は、イタリア産の最高級ベジタブルタンニンなめしの牛革になります。
適度な艶加工を施したGALLERIANTオリジナルのなめしにて仕上げられた素材になりますので、ご使用当初から本体に使用している、マットな質感のゴード革との、高級感を持ったコントラストを表現しております。
さらにご使用頂く毎に、ベジタブルタンニンなめし特有の透明感ある美しい経年変化をお楽しみ頂けます。

 

 

ガレリアントカプラのショルダーボストンバッグ

 

GALLERIANTは多くのファッション雑誌でも取り上げられて注目の的!!

以前にデパートで実物を見てから、コレはくるな・・と思っていたら、やはり多くのファッション雑誌で取り上げられるようになってきました。

下記に代表的な雑誌記事と製品をご紹介いたします。

 

MonoMax 2014年2月号 1/10発売 『2014年大本命ブランドTOP3!!』でGALLERIANTが1位に選ばれていました。

 

MonoMax201402-2

 

ガレリアント2WAYショルダートート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Sponsored links

注目の人気ブランド【PR】

BRIEFING(ブリーフィング)


ダニエル&ボブ


aniary(アニアリ)


ページ上部へ戻る