皇室御用達ブランド、日本のクラフトマンシップ”大峡製鞄”

国産メーカーでビジネスバッグというと名が挙がるのが
万双、土屋鞄、そして

「大峡製鞄」

・・・って知ってる人は超有名ドコロとして知ってるんでしょうが
知らない人にとっては

”大峡製鞄”これってなんて読むの? (笑)

正直ワタシも知らなかった時には

”ダイキョウセイカバン?”なん~て(笑)

だいたい

”ダイキョウ”と検索しても変換されませんからね~

皇室の薬箱(?)を製作し(革製の薬箱なんでしょうか?)、
学習院のランドセルを作っていることでも有名です。

この他にも

・慶應大学付属幼稚舎
・早稲田大学付属小学校

などが採用してるみたいです。

まぁそれだけ、品質に信頼がおけるブランドということですね。

チャラチャラした海外ものより、
ものづくりにこだわった日本製のビジネスバッグが欲しい。

大人の男こそ、国産のモノを・・・という人に人気です。

徹底したクラフトマンシップで品質と
妥協を許さないこだわりの手作業ですね。

高級コードバンを使っての財布などの革小物も人気です。

デザインは奇をてらったものではなく
あくまでもシンプル

シンプルなだけにごまかしがきかないともいえます。

まぁね、確かに美しいですよ。

細部にまでこだわった品質がシンプルなデザインだけに
造形美を際立たせますね~

また入ってる袋がロイヤルブルー(まぁ日本なんで関係ないですが)に
”大峡製鞄”のロゴが高級感漂ってますね~

自分の昇進へのご褒美とか
子供が生まれたの機にこれからさらに頑張るための
記念のビジネスバッグとして選ぶ人も多いようですね。

うん、確かにこういうときは
いいモノを買いたくなります。

ここはダレスバッグとかが有名です。

実際のビジネスバッグとして使用するには重そうなので
今回、ご紹介したいのがブリーフケースです。

”俺のダンディズム”の鞄の回でマダムMに薦められ
最終的に段田さんがダンディになるために手にしたのがコチラ

オールレザーブリーフ【1030-BTLP】
http://www.ohbacorp.com/details.php?productid=239

http://www.ohbacorp.com/details.php?productid=239

内装は軽くて通気性のいいピッグスキンを採用。

少し、難点を言うなら

「革の品質のわりにファスナーが今ひとつ・・・」

「オンラインショップはほとんど品切れ・・・いつになったら購入できるの」

こういう評判もあるみたいです。

三越(札幌・仙台・日本橋・銀座・名古屋・高松・福岡)、
阪急メンズ館などで見ることはできるようですね。

詳しくは大峡製鞄のホームページをどうぞ

http://www.ohbacorp.com/

http://www.ohbacorp.com/

 

おすすめの記事